第130回 北海道整形災害外科学会
第130回 北海道整形災害外科学会を下記の要領にて開催します。
多数の演題のご応募、ご参加をお願い申し上げます。

抄録集は、1月25日(月)に発送致しました。
宜しくお願い致します。

旭川雪祭り・中華圏旧正月のため、旭川市内ホテルの予約
困難が予想されます。 早めのご予約をお勧めします。

◆ 会 期

2016年 2月6日(土) 〜 7日(日)

◆ 会 場



旭川市 大雪クリスタルホール
〒070−8003北海道旭川市神楽3条7丁目
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/bunkashinko/crystalhall/


プログラム
  new
























1.教育研修講演

 1).「関節の痛み ー思い出したいあの疾患、この病態ー ロコモとバイオの時代を迎えて」
    山形大学医学部 整形外科学講座 教授 高木 理彰先生

 2).「先進医用工学が拓くハイテクリハビリテーション」
    秋田大学大学院医学系研究科医学専攻 
    機能展開医学系整形外科学講座 教授 島田 洋一先生

2.ランチョンセミナー (2演題で1単位)

 1).「術後マルチモーダル鎮痛におけるアセトアミノフェン静注液の立ち位置」
    札幌医科大学医学部 麻酔科学講座  講師 新山 幸俊先生

 2).「股関節置換術に対するアセトアミノフェン静注液の活用」 
      福島医科大学 整形外科学講座  准教授 青田 恵郎先生

3.ゲストレクチャー
    「An update of hip fracture treatment in Scandinavia.」
     Anders Jönsson, MD. PhD.
     Head of Orthopedic Trauma, Department of Orthopedic Surgery,
      at the Sahlgrenska University Hospital in Gothenburg, Sweden

4.倫理関連講演
    「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」
    北海道大学病院 臨床研究開発センター  臨床研究支援部長 寺元 剛先生

5. 一般演題


皆様へのお知らせ
  
new

◆ 演題募集期間
 


 
 演題募集、終了致しました。沢山のご応募、ありがとうございました。

 2015 年10月8日(木) 〜 11月10日(火)  17日(火)

◆企業の皆様へ

 企業展示・広告掲載 (抄録集)、のご案内です。
 締め切り:H27年 11月 27日 (金)



〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1-1
旭川医科大学整形外科
Tel: 0166-68-2512 Fax: 0166-68-2519
e-mail: hokusei130@asahikawa-med.ac.jp


              第130回北海道整形災害外科学会
                   会長 伊藤 浩